« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

August 19, 2005

香川旅行(3)直島

kagawa-benesse1
ベネッセハウス別館

3日目、ついに直島へ!瀬戸内海に浮かぶ小さな島ですが、近年、現代アートの世界において注目を集めているところです。その中心となっているのが、ベネッセハウス(安藤忠雄設計の宿泊施設をともなった美術館)、地中美術館(クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの作品が安藤忠雄設計の建物に永久設置されている)、家プロジェクト(古い家屋を改修し、アーティストが家の空間そのものを作品化したプロジェクトを公開)などの施設です。

私にとって、大げさに言うと「直島前」「直島後」では、心のありようが少し変わったかのような体験でした。建築や自然や現代美術に対峙して、じっと眺めたりぼーっとしたり体験したりして過ごしていると、思考が自分の内に向かうのを感じます。「これはこうだ!」というような答えがでてくるわけではなくて、きっかけをくれる、というか気づきの時間を持つことができる、というかそんな感じ。それぞれの作品は「今を生きている私」にリンクしている存在、だと強く感じる。それがやはり現代アートの醍醐味なんじゃないかな、と思います。
そういうふうに思わせるには、この直島で、海山に囲まれ、この建築とともにある、ということが大きく寄与しているのではないでしょうか。家プロジェクトで感じたことですが、作品と日常との敷居が低い、アートが生活とともにある、という環境が素晴らしかったです。歴史のある島だから、新しいものを受け入れるにはいろいろあったかもしれないけれど、それも含めての今の環境なんだと思うのです。

kagawa-naoshima1
フェリーで高松港から1時間弱で、直島の宮浦港に到着。バス(本数結構多い)にて、宿泊先のベネッセハウスへ。宿泊している人は、館内(美術館)を自由に観られますが、まずは地中美術館へ行くことに。ベネッセハウスから見えるくらいで近いのですが、暑かったし上り道なのでバスを利用しました。
この美術館はスゴイ。ジェームス・タレルの、光をテーマにした作品がおもしろくて、何度も体験してしまいました。デマリアの部屋も、圧倒的に美しかった・・・
私のつたない言葉で説明しても伝わらないと思うのでぜひ体験して欲しいです。そして安藤忠雄の建築、いいですね〜。ぱっと見て、ふとベルリンのJewish Museum(ダニエル・リベスキンド設計・・彼はグラウンド・ゼロ跡地再生のコンペに選ばれた建築家)を連想したのですが、それが美しくも不安を感じさせる(もちろん意図的に)のに対して、地中美術館は、美しく静かで瞑想的な落ち着きを与えてくれるのでした。カフェもいいですよ。

そして本日の宿泊先ベネッセハウスに戻りチェックイン。3階にある部屋からは、瀬戸内海が一望できました。夕食まで館内を探索。別館に行ってみることにし、宿泊者しか使えない小さな6人乗りのケーブルカーでトコトコ上がって行くと現れた建物は・・!めまいがするほど美しかったです・・!
kagawa-benesse5夕食は館内のレストランでいただきました。「和懐石料理に洋風な要素を加えた創作コース料理」ということで大変美味でした。レストラン内部にはバスキアの絵がかかり、窓の外には杉本博司の海の写真(実際の水平線と写真のそれとが同じラインになるように掛けられている)・・・ほろ酔いかげんで部屋へ戻る途中、誰もいない作品の前で椅子に座り、しばしボ〜っと眺める。暗い中でネオンが点滅する「100生きて死ね」(ブルース・ナウマン)。「FEEL AND LIVE」「STAND AND DIE」「YOUNG AND DIE」「CUT AND LIVE」・・・などの文字が次々と明減し最後にすべてが点灯する、なにかしんとした気持ちになる作品でした。
それにしても!なんて贅沢なことでしょうか!!直島に行く方には、ぜひともベネッセハウスに宿泊することをおすすめしたいです。部屋(クリストの作品がかかっている)も、とても落ち着きました。まるで自分の家にいるかのようでした。

August 18, 2005

香川旅行(2) イサムノグチ庭園美術館

kagawa-inokuma2日目。琴平から牟礼へ移動途中で丸亀の猪熊弦一郎現代美術館に立ち寄りました。猪熊は三越の包装紙『華ひらく』(白地に赤の)をデザインした人なので、私としては、そういったデザイン的な作品を見たかったのですが、今の常設展では油彩が中心でした。面白かったですけれどね。この美術館は、新しいMoMAの設計者として近頃話題の建築家、谷口吉生が手がけたものです。明るくゆったりしていて気持ちの良い空間でした。あと特筆すべきは、ミュージアムショップ。風呂敷やレターセット、テキスタイルなど・・・とても素敵です。いろいろ買物しました。
そして牟礼の、イサムノグチ庭園美術館へ。こちらは、イサムノグチが1969年から20年あまりの間、日本での住居およびアトリエとしていた場所を、雰囲気そのままに保存公開しているというユニークな美術館です。往復ハガキによる申し込みが必要という条件にもかかわらず、多くの人が見学に訪れていました。彼の作品はこれまでまとめて見たことがなかったのですが、制作途中のものも含めてたくさん見ることができました。庭に配置された様々な彫刻を目の前に、どうしていいやらとまどうところもありましたが、あまり手をかけず自然を生かしたモノとしての存在を感じる・・のかな、などと思ったりして。私にとって、スッと入り込めたのは住居の方で、生活の場に置かれた作品たちは、環境にしっくりなじんでいてとても良かったです。
ところでこの庭園美術館には屋島からタクシーで行ったのですが、近づくにつれ石切場が迫って来、石を加工する音も聞こえてきました。勇壮な姿の屋島と、四国霊場のひとつである五剣山に囲まれたここは、ノグチが選ぶべくして選んだ場所なのだと思いました。
モエレ沼公園のグランドオープンなどと関連してか大規模な巡回展中で、大作であるエナジー・ヴォイドは札幌に送られており見ることができませんでした。もうすぐ東京都現代美術館で開催されるイサムノグチ展にはやはり行こうと思います。

kagawa-fuyou
庭園美術館前の芙蓉

August 17, 2005

香川旅行(1) こんぴらさん

kagawa-sky今日から、香川旅行です。
初日は、飛行機で高松に降り、バスで琴平に移動(途中うどん街道を通る。有名店を多数発見)。まずはこんぴらさん参り!と意気込んだはいいのですが、本宮に辿りつくまでの785段の石段が辛くて・・。日頃の運動不足を実感しました。こんぴらさんでのお目当ては、円山応挙の襖絵と伊藤若冲の百花図。しかしながら若沖の方は非公開で見られませんでした。残念!襖絵のある書院は入場料が必要だからか、殆ど人がいなくて静かで良かったです。縁側で休んでいるときの庭の緑が美しかったなあ。襖絵っておもしろいんですね。一枚一枚は平面なのに、それが部屋にセットされると、3次元的な広がりを持つものになる・・瀑布図と虎図が好きです。

kagawa-konnpiraそれから、「金毘羅歌舞伎(金丸座)」にも行きました。これは国の重要文化財に指定されている、江戸時代の歌舞伎小屋です。毎年春、豪華な配役で歌舞伎が上演されています。楽屋や奈落なども見学できて楽しかったです。

August 12, 2005

「アイランド」

sky2

アイランド」見てきました。ユアン・マクレガー&スカーレット・ヨハンソン主演のSFムービー。
世界が汚染されてしまった為に施設の中でしか生きられないと思いこまされ、唯一残った地上の楽園”アイランド”行きを夢見るリンカーン達。しかし実は、彼らは臓器提供の為につくられたクローンで・・・というストーリー。なかなか面白かったです。映像もきれいだったし、プロダクトデザインもカッコよかったし。前半はクローンの哀しみがしみじみ伝わってくるような映画だったのですが、途中からいきなりすごいアクションの連続で、やたらと大掛かりになってしまい・・ちょっと笑っちゃうくらいでした。やはり監督が監督(アルマゲドン、パールハーバー)だからでしょうか。ストーリーも映像も、あれ?マトリックス?キャシャーン?アイロボット?のように、どこか既視感がある。
近未来のアメリカという設定なのですが、これってもしかして現実かも・・と思わせるリアルな設定が一番コワかったし、見所なのかもしれません。スカーレット・ヨハンソンきれいでした!が、たまにヘンに見えるときがあり、そういう繊細な美しさが持ち味なのですね。私の好きなスティーブ・ブシェミが出ているのも嬉しかったです。

August 11, 2005

モバイル

携帯電話からの更新、トライしてみました。 来週の旅行に向けての準備です。

August 03, 2005

「リンダリンダリンダ」

少し前の土曜・・荻窪の安斎にてうな丼を食し、吉祥寺へ移動。
好きな女優ペ・ドゥナ(ほえる犬は噛まない)の出演している映画「リンダリンダリンダ」をバウスシアターで観ました。公開初日&舞台挨拶があるとのことで大盛況。立ち見まで出ていました。山下敦弘監督と主演の女子達が登場し、喋っている最中に地震が!ペ・ドゥナさんは、かなり怖かったみたいです。韓国ではあまり地震は起こらないらしい。古い映画館で結構揺れたのですが、地震国日本の我々としては、ここで落ち着きを見せないと・・という連帯感で(?)、観客に動揺はありませんでした。
肝心の映画は、文化祭ただ中の高校の様子や女の子同士の空気感がよくでていて、とても気持ちのよい作品でした。自分の通っていた学校とは当然違うのだけれど、そうそう・・あんな感じだったな〜と、懐かしく思い出しました。大きな事件とか、感情の爆発とか、そういうのをことさら描かなくても、普通に過ごしている日々がきらきらとしていて、何かを感じさせる作品っていいですね。
ペ・ドゥナは韓国からの留学生役。口をへの字に曲げながら(不機嫌な訳ではない)、たまに見せる笑顔がかわいらしく、存在感がありました。すごくいい。あと、ダブっちゃった先輩役の山崎優子がいい味出してます。

« July 2005 | Main | September 2005 »