« 香川旅行(1) こんぴらさん | Main | 香川旅行(3)直島 »

August 18, 2005

香川旅行(2) イサムノグチ庭園美術館

kagawa-inokuma2日目。琴平から牟礼へ移動途中で丸亀の猪熊弦一郎現代美術館に立ち寄りました。猪熊は三越の包装紙『華ひらく』(白地に赤の)をデザインした人なので、私としては、そういったデザイン的な作品を見たかったのですが、今の常設展では油彩が中心でした。面白かったですけれどね。この美術館は、新しいMoMAの設計者として近頃話題の建築家、谷口吉生が手がけたものです。明るくゆったりしていて気持ちの良い空間でした。あと特筆すべきは、ミュージアムショップ。風呂敷やレターセット、テキスタイルなど・・・とても素敵です。いろいろ買物しました。
そして牟礼の、イサムノグチ庭園美術館へ。こちらは、イサムノグチが1969年から20年あまりの間、日本での住居およびアトリエとしていた場所を、雰囲気そのままに保存公開しているというユニークな美術館です。往復ハガキによる申し込みが必要という条件にもかかわらず、多くの人が見学に訪れていました。彼の作品はこれまでまとめて見たことがなかったのですが、制作途中のものも含めてたくさん見ることができました。庭に配置された様々な彫刻を目の前に、どうしていいやらとまどうところもありましたが、あまり手をかけず自然を生かしたモノとしての存在を感じる・・のかな、などと思ったりして。私にとって、スッと入り込めたのは住居の方で、生活の場に置かれた作品たちは、環境にしっくりなじんでいてとても良かったです。
ところでこの庭園美術館には屋島からタクシーで行ったのですが、近づくにつれ石切場が迫って来、石を加工する音も聞こえてきました。勇壮な姿の屋島と、四国霊場のひとつである五剣山に囲まれたここは、ノグチが選ぶべくして選んだ場所なのだと思いました。
モエレ沼公園のグランドオープンなどと関連してか大規模な巡回展中で、大作であるエナジー・ヴォイドは札幌に送られており見ることができませんでした。もうすぐ東京都現代美術館で開催されるイサムノグチ展にはやはり行こうと思います。

kagawa-fuyou
庭園美術館前の芙蓉

« 香川旅行(1) こんぴらさん | Main | 香川旅行(3)直島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/5715720

Listed below are links to weblogs that reference 香川旅行(2) イサムノグチ庭園美術館:

« 香川旅行(1) こんぴらさん | Main | 香川旅行(3)直島 »