« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

October 22, 2005

「ふたりの5つの分かれ路」など

バウスシアターにて「ふたりの5つの分かれ路」。フランソワーズ・オゾンの新作です。ある夫婦の離婚調停の場面から時間が遡って行き、出産、結婚、そして出会いのエピソードで終幕になるという、変わった描き方をした作品。ゲイのカップルや水辺の茂み、などなど初期のオゾンを思わせる要素を盛り込みつつ、以前のようなアクの強さを押さえ、うまく熟成させたような職人的映画。
この映画は私にとって、おもしろかったのかそうでなかったのか、好きなのかそうでないのか・・まだよくわからないのです。ジルとマリオンはよくあるカップルのようでいて、よく考えてみるとそうではないのか・・?それぞれに共感できない行動はあるのだけれども、心の動きはちっとも不自然ではないし普遍的なものである気がする。ただただ幸福に溢れていたときでさえも、どこか引っかかる陰がある。二人が出会い夕日が照らす海へと入って行くラストシーンが美しく、そして哀しかったです。今後、理解するときがくるのかはわかりませんが、いくつかの印象的な画面は忘れないと思います。大人の映画でした。
オゾンの作品で一番好きなのはシャーロット・ランプリング主演の「まぼろし」。愛する人を失ってさまよう気持ちが心に切々と迫る映画でした。
気になっている監督です。好きかどうかは微妙ですが・・・「海をみる」の緊張感、忘れられない・・(おすすめはしないです、怖すぎる)

最近は他に「銀河ヒッチハイクガイド」「さよならcolor」(竹中直人監督)、「ドジョウも魚である」「落第」(東京国際映画祭にて)、「サイドウェイ」「ウィンブルドン」(DVD にて)などを観ました。

October 21, 2005

ヴェンダース

angel

iPod(古いタイプ)にCDをいろいろ入れていて、ふと思い出したサントラ。以前持っていたのだけれど、いつの間にかなくなってしまいずっと聴きたかったのを、amazonで見つけたので購入しました。ヴィム・ヴェンダースの「パリ、テキサス」。音楽はライ・クーダー。ヴェンダースが撮った中で、一番好きな作品です。ナスターシャ・キンスキーが美しかった・・・ついでにDVDも検索したら、なんと廃盤になっているではないですか!!何故?(このDVDも昔持っていたが、友人にプレゼントしちゃいました)オークションなどではプレミア価格になってるんですよ。ぜひ復刊してほしいものです。
今週から彼の新作「ランド・オブ・プレンティ」が公開になりますね。良さそうだ。期待しています。


October 19, 2005

「チャーリーとチョコレート工場」

choco1

ロアルド・ダールの原作は読んでいないけれど、ティム・バートン監督ときたら、期待せずにはいられません。ということで「チャーリーとチョコレート工場」観ました。好きです!こういうの。前作「ビッグ・フィッシュ」は心が温かくなる大好きな作品ですが、今回は「マーズアタック!」的ノリを感じました。親子愛&家族愛・・というより、とにかくウォンカとウンパ・ルンパを描きたかったんじゃないかな・・ティム・バートンは。秘密の工場に招待された子供達が、(主人公のチャーリー以外)最後まで改心せずに嫌な子っていうのが徹底してていいですね。ちらっと「2001年宇宙の旅」や「サイコ」へのオマージュ?を感じさせるシーンがあって楽しかったです。

choco2
チョコレートといえば、最近とても美味なのをいただいたのでご紹介。一見普通のレーズンチョコのようなのですが、「ブロンド色のレーズンをボルドーの最高級貴腐ワイン”ソーテルヌ”に漬け、カカオたっぷりのチョコレートでその香りを閉じ込めました」というだけあって、箱を開けたとたん香りにうっとり、です。レザンドレ・オ・ソーテルヌ(日本橋三越のアルティザン・ショコラティエで取り扱ってます)。


October 05, 2005

「頭文字D」ほか

チケットをもらったので「頭文字(イニシャル)D」を観に行きました。私は全然知らなかったのですが、とても人気のある日本の漫画を香港で映画化したものなんですね。ストーリーは簡単に言ってしまうと、「豆腐の配達でドライビングテクニックを学んだ高校生が峠でスピードを競う」っていう感じなんですけれど、そこに親子の関係、初恋、友情、ライバルなどを絡めて、ザ・青春映画になってます。車に特に興味がある訳ではない私でも、素直に楽しめました。ガールズムービーっていろいろあるけれど、これはボーイズムービーですね。監督は「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ&アラン・マックで、出演者もインファナル〜で主人公の若い時代を演じた二人が出ていたりと、懐かしい顔ぶれ。特に、アンソニー・ウォンが主人公拓海の父文太(伝説の走り屋・・今は豆腐屋)を演じていていい味出してました。ダラケっぷりがカッコいい!日本からはヒロインとして鈴木杏が出ています。
杏つながり(テレビドラマで主人公を演じていた)でという訳ではないのですが、「がんばっていきまっしょい」(98年田中麗奈主演)を観ました。とあるサイトでこの映画を紹介している文にひかれて、ずっと見逃していたのを借りて来たのですが、とても良かった。好きな映画です。「リンダリンダリンダ」にも通じる瑞々しさがありました。そしてこの夏行った四国の海を思い出しました。

« September 2005 | Main | November 2005 »