« 「頭文字D」ほか | Main | ヴェンダース »

October 19, 2005

「チャーリーとチョコレート工場」

choco1

ロアルド・ダールの原作は読んでいないけれど、ティム・バートン監督ときたら、期待せずにはいられません。ということで「チャーリーとチョコレート工場」観ました。好きです!こういうの。前作「ビッグ・フィッシュ」は心が温かくなる大好きな作品ですが、今回は「マーズアタック!」的ノリを感じました。親子愛&家族愛・・というより、とにかくウォンカとウンパ・ルンパを描きたかったんじゃないかな・・ティム・バートンは。秘密の工場に招待された子供達が、(主人公のチャーリー以外)最後まで改心せずに嫌な子っていうのが徹底してていいですね。ちらっと「2001年宇宙の旅」や「サイコ」へのオマージュ?を感じさせるシーンがあって楽しかったです。

choco2
チョコレートといえば、最近とても美味なのをいただいたのでご紹介。一見普通のレーズンチョコのようなのですが、「ブロンド色のレーズンをボルドーの最高級貴腐ワイン”ソーテルヌ”に漬け、カカオたっぷりのチョコレートでその香りを閉じ込めました」というだけあって、箱を開けたとたん香りにうっとり、です。レザンドレ・オ・ソーテルヌ(日本橋三越のアルティザン・ショコラティエで取り扱ってます)。


« 「頭文字D」ほか | Main | ヴェンダース »

映画」カテゴリの記事

Comments

初めまして。私も見てきました。TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。

どうもこんにちはあ。またお邪魔します。

この映画,ティム・バートンのきもかわいさ全開で,楽しかったですね~。映画では原作にはなかったエピソードがうまく効いているんですよ。ぜひ原作も読んで比べてみてください。

ソーテルヌを使ったチョコなんて,贅沢ですね~。モチロンまだ飲んだことないので,チョコレートでだけでも味わってみたいものです。

ところで,ikoさんのガラス作品,どれも素敵ですね。とくにワタシは小さいもの好きなもんで,帯留にノックアウトされました!

バウムクウエンさん、こんにちは。そうそう「きもかわいさ」!!まさにその通り!原作読んでみたいと思います。帯留までたどり着いてくださってありがとう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/6466596

Listed below are links to weblogs that reference 「チャーリーとチョコレート工場」:

» 10月16日付観客動員(興行通信社調べ 2005年10月15日・10月16日) [etc.]
1 2 チャーリーとチョコレート工場 6週目 2 1 ステルス 2週目 3 4 蝉しぐれ 3週目 4 3 この胸いっぱいの愛を 2週目 5 5 NANA 7週目 6 7 四月の雪 5週目 7 6 シン・シティ 3週目 8 8 SHINOBI 5週目 9 9 シンデレラマン 5週目 10 1...... [Read More]

« 「頭文字D」ほか | Main | ヴェンダース »