« 第5回暮らしの中の木の椅子展 | Main | 「ぼくを葬る」 »

June 16, 2006

北欧のスタイリッシュ・デザイン

先日、東京都庭園美術館へ「北欧のスタイリッシュ・デザイン」展を観に行きました。
北欧のデザイン全般を紹介するものかと思っていったら、(サブタイトルにあるように)フィンランドのアラビア窯のみの展示だったのですが、いちメーカーのものだけ、と侮るなかれ。なかなかバラエティに富んだ作品たちでした。
1932年に設立されたアラビア・アート・デパートメント(芸術部門)にデザイナーや芸術家を招いて制作活動を奨励するとともに、優れたプロダクト・デザインの提案を受けた、とのこと。すごくいい試みだと思います。そこから長く愛される製品が生み出されていった訳なんですね。こういう暮らしに関わりの深いものの展覧会って、これ欲しいなとか考えながら観るのが楽しいです。
アラビア窯を紹介するビデオが流れていましたが、これがおもしろい!お皿の形をピュ〜っと削りだす機械がある一方で、ピッチャーの型にひとつひとつ土を流し込む職人さんがいて・・・プロダクト製品でも、人の手がかかっている工程が結構あるのが意外でした。
ちょっと異色だったのが、とある小さな部屋に展示されていた現代の作品。宇宙人の子どものような実物大?の彫刻(焼物オブジェ)、キモカワイイ感じでやけに印象深いものでした。こういうのも割に好きです。


Photo

この春から新しくなった、料亭「金田中」が手がけたというカフェ「Cafe  茶酒(サーシャと読むらしい)Kanetanaka」でお昼ごはんを食べました。筍ご飯&まぐろと鯛の胡麻だれ丼のセット(ごはんと丼の組み合わせってどうなんだろう・・と思いつつも)、とても!いいお味でした。前のカフェも好きでしたけどね。

« 第5回暮らしの中の木の椅子展 | Main | 「ぼくを葬る」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

これ、行こうと思ってたんだけど、結局行けませんでした。
どんなのか見てみたかったな〜。
あと、金田中のカフェ、気になってたんですよ。
確かにご飯と丼もののセットって不思議ですけど、
タケノコご飯に鯛の胡麻だれ丼なんて、とっても魅力的!
あ〜、お腹がすいてきました。お昼何にしようかしら。

色合いがとてもきれいでしたよ。欲しい〜!と思うものがたくさんありました。カイ・フランクのガラスシリーズ、きっと”げ”さんも好きだと思う。お天気のいい日だったので、カフェ気持ちよかったです。最近、美術館カフェも進化していますよね。

北欧デザイン、いいですよね。ヘルシンキ市内の博物館で、日用品デザインの歴史みたいな展示を観て来ましたが、昔のも今のもそれぞれかわいいと思いました。
カフェもよさそうですね。おいしそう。行ってみたいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/10542731

Listed below are links to weblogs that reference 北欧のスタイリッシュ・デザイン:

« 第5回暮らしの中の木の椅子展 | Main | 「ぼくを葬る」 »