« 「ぼくを葬る」 | Main | 夏が来た »

July 31, 2006

第11回世界バレエフェスティバル「白鳥の湖」

上野の東京文化会館にて、世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ「白鳥の湖」を鑑賞。オデット/オディールは上野水香、ジークフリート王子はジョゼ・マルティネス(パリオペラ座バレエ団)。
「白鳥の湖」、改めて良く出来ている演目だな〜!と思いました。わかりやすいし、見せ場がたくさんあるし、きれいだし、チャイコフスキーの音楽も素晴らしい。バレエの楽しさが伝わってきました。
主役ペア、大柄なので舞台映えしますね。水香さんは線が美しく、白鳥らしくて良かった。役柄的には黒鳥のオディールの方が似合っていたような気もします。マルティネスはさすが安定感があって王子らしかった。湖の白鳥のシーンは幻想的でいいです。「四羽の白鳥達の踊り」が好き。
値段の安い席で観ることも多いのですが、上の階でも結構よくみえるものです。しっかり観たいときにはオペラグラスで。今日は上から眺めていたら、バレエダンサーらしき集団がいました(雰囲気でわかる)。世界バレエフェスに出演している人たちだと思われますが、私はそんなに詳しくないので誰だかはわかりませんでした。できれば、バレエフェスのAプロやBプロにも行きたいのですが、なかなか・・・

« 「ぼくを葬る」 | Main | 夏が来た »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

同じ日かしら、バレエオタクの女友達も観に行っていました。興奮して大歓声のお客が多かったらしく、珍しく自分も釣られてしまったと言っていました。

言ったっけ?私も長いことバレエを習っていたんですよ~。今じゃ想像もできない体型となってしまったが。ドスン!

あさ2さん、バレエ習ってたんですか!知りませんでした〜
今度ぜひ踊ってみせてください!
私も3歳のとき、無理矢理習わされそうになったのですが、
人見知りの激しい子どもだったので1日で辞めました。
後で振り返って、続けていればよかったな・・と思ったこともありますが、関節の固さや体型を考えると無理でしたね、やっぱり。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/11174531

Listed below are links to weblogs that reference 第11回世界バレエフェスティバル「白鳥の湖」:

« 「ぼくを葬る」 | Main | 夏が来た »