« 「プルートで朝食を」など、ニール・ジョーダン監督 | Main | レニングラード国立バレエ »

January 22, 2007

ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」

Photo_1

マリー・アントワネット」、初日に観てきました。
しょっぱなの音楽から、おっ!と思い、ソフィア・コッポラの世界に引き込まれていきました。どこをとっても美しい!!ドレス、靴、髪型、お菓子、ギャンブルのコインまでもがキャンディの様・・・キラキラしていてガーリーで砂糖菓子みたい。しかもポップで現代的。S・コッポラのセンスってスゴイですね。(しかも衣装デザインのミレーナ・カノネロは、私の心の宝「炎のランナー」を担当した人でした)
でもそれだけの映画ではなくて。14歳で祖国の一切から離れてフランスへ嫁いだマリー、感情を表すセリフは殆どないのに、たたずまいや表情で感じさせるのです。とまどいやさびしさも。そんなところが、「ロスト・イン・トランスレーション」を思わせました。キルスティン・ダンストもとてもチャーミングで素敵。初めてそう思いました。
歴史物、フランス革命、などを期待していくと肩すかしをくらうと思うのですが、これはそういう映画じゃなくて、あくまでもマリーを一人の女の子として描くことを目的とした作品なんですよね。こんなに身近に、現代に生きているように、マリー・アントワネットを感じられたことはなかった。ラストのセリフも秀逸です。

« 「プルートで朝食を」など、ニール・ジョーダン監督 | Main | レニングラード国立バレエ »

映画」カテゴリの記事

Comments

私も、S・コッポラのセンス好きです。
マリーアントワネットもよさそうですね。
ぜひ観にいきたいです。

こんにちは。
ikoさんの感想を拝読して、とーっても驚きでした。
あの映画を観たときに私が感じたことがそのまま文章になっていたから・・・。初日に観たというのも同じですし・・。
こんなことってあるんですね。恥ずかしいことに、今、口あんぐり状態です。
本当に感動です(ikoさんの感想にです)。これ以上言葉が出ません・・・。

もう観てきたのね、観るぞ!という強い意気込みを感じます。
私もとーっても観たいのだけど、今月は無理かな。。。
私も観たら、感想書きますねー。

tohkoさん、れもんさん
ぜひご覧になってくださいね!お二人はきっと好きなはず。
思い出してウットリしています。

rbさま
rbさんは昨年、既にご覧になったんですね。rbさんの感想に強く共感しました。
どうも「すごくつまらない」という感想も多々見られるのですが、逆に「とても良かった」というのもあるようで・・誰が見ても良い(もしくは悪い)という作品もあると思いますが、これは観る人によって激しく評価の分かれる作品なんですね。なので感想を同じくする人を見つけると嬉しくなってしまいます。
パリからの朝帰りのシーンなど、まさに我々の感覚が息づいているし、疑似田舎暮らしの映像の叙情性にもうっとりです。
そして、慣れない環境にも文句を言わず精一杯過ごした結果が最後のセリフであって、ベルサイユがマリーにとっての故郷となっていたんだな、と思わせるものでしたね。夫との絆も深まり子どもにも恵まれたマリーの心持ちは充実したものだったのではないか、(マリー良かったね)と、あの後の歴史を知っていても、そう言いたい気持ちになりました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/13611645

Listed below are links to weblogs that reference ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」:

» マリー・アントワネットを訪ねて〜ベルサイユ宮殿 [カメラと一緒にパリでお散歩*]
日本よりママの大学時代のお友達が訪ねてきたのでベルサイユ宮殿へ。久しぶりにNATURAを使って撮影してきました。 [Read More]

» 映画/マリーアントワネット [  サ バ ペ]
映画「Marie Antoinette」 製作総指揮 フランシスフォードコッポラ 監督 ソフィアコッポラ セカンドユニットプロデューサー ローマンコッポラ 主演 キルスティンダンスト 他出演 シャーリーヘンダーソン... [Read More]

« 「プルートで朝食を」など、ニール・ジョーダン監督 | Main | レニングラード国立バレエ »