« ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」 | Main | チョコレートあれこれ »

February 13, 2007

レニングラード国立バレエ

先月は、レニングラード国立バレエの公演に3回も行ってしまいました。1月5日「海賊」(東京文化会館)、1月6日「白鳥の湖」(東京国際フォーラムホールA)、1月30日「ジゼル」(東京文化会館)。
どれも良かったのですが、一番印象に残ったのは「ジゼル」でした。ロマンチックバレエの最高峰とされる「ジゼル」ですが、昔観た時はなんだか地味でつまらない、などと思ったのです・・・全くわかっていなかったんですね。セリフはないのに、信頼・裏切り・ゆるしなどを表現する演技(マイム)とダンスがしっくり調和しているので、ジゼルやアルベルトの心情が胸に迫り、本当に感動しました。第2幕、ウィリーのシーンでのコールドバレエ(群舞)やソリストの踊りは、美しく幻想的で夢のようでした。シェスタコワ(ジゼル)とルジマトフ(アルベルト)は役にぴったり。堪能しました。また観たいです。
ところで、私は上野の東京文化会館が好きです、古いけれど雰囲気があってバレエに合っていると思う。それに比べて、東京国際フォーラムは・・大きすぎるし、客席の感じもバレエにはどうなんでしょう。

« ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」 | Main | チョコレートあれこれ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

バレエはほとんど見ないのですが、記事を拝読して、私の住む町にも州のバレエ団があるので見に行こうという気になりました。しかも偶然、知人が都合悪くなって2回分チケットを譲ってくれたばっかりなんです!

ところで、私も東京文化会館がとーっても好きなんです。ドイツに住むようになってから一度も足を踏み入れていないので、いつの日か訪れるのが大きな夢です。個人的にとっても郷愁を感じる場所です。あの古めかしい雰囲気が大好きです。次回日本に行ったら、是非とも行きたいです。あそこの食堂にカレーありませんでしたっけ?それも食べてみたいのです。

rbさま
近頃なんだかバレエづいてます。
昔はとにかくダンサーの身体能力ばかりに目を奪われていたのですが、
ようやく精神性にまで思いを巡らせることができるようになりました。
お住まいの町にバレエ団があるとは!うらやましいです。
ぜひ楽しんでいらしてくださいね。

東京文化会館いいですよね〜
私は音のことはあまりわからないのですが、
その点でも評価高いんですよね?
安い5階で、とても響きがいい席がある、と聞いたことがあります。
ギリギリに駆け込むことが多くカレー未体験ですが、ぜひともトライしたいです。
実現したらご報告しますね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/13890088

Listed below are links to weblogs that reference レニングラード国立バレエ:

« ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」 | Main | チョコレートあれこれ »