« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 13, 2007

このところ・・・

Sakura_4

なんだかバタバタと過ごしています。
5月の連休に新宿OZONでおこなわれるイベント、「クラフトマーケット」に出ることになりました。と言っても、4人のグループで棚ひとつ分(三段)なので、数としてはほんの少しです。只今、制作に励んでおります・・・

ところで、せっかくコメントしてくださったのに何故かサーバーから拒否される、という大変心苦しい現象がおこっているようです。私も拒否された!という方、情報をお寄せください。原因究明中です。

そんな中、神戸在住のお友達から京都のお菓子をいただきました。亀屋友永の三色松露。餡をすり蜜でコーティングしてあるとのことで、コロンとした形とパステルカラーがかわいい。有り難くいただきました。それにしても京都には愛らしいものがたくさんありますね。

Syoro

April 12, 2007

「パリ、ジュテーム」など

Tower1

「パリ、ジュテーム」を恵比寿にて鑑賞。18人もの監督がそれぞれのパリを撮った、短編集のような作品。描かれる世界は多彩で、5分間という制約の中ここまでできるのか!という驚きがありました。
その中でも最後のエピソード、14区を舞台に『デンヴァーで郵便配達するキャロルの、パリでの“特別な1日”の物語』が、とても良かった。太めの体にウェストポーチを巻き付け、一人でパリを散策する彼女。憧れのパリで、一生懸命に習ったフランス語を使い(せっかく話しかけたのに、英語で返されたり)、中華料理を食べたり、墓地を見学したり(ここもおかしい)。そんな中、ふと見つけた小さな公園のベンチでキャロルに訪れる不思議な感覚、個人的だけれど普遍的な幸福感・・・言葉でうまく伝えられないのですが、私はとてもぐっときて、涙がこぼれそうになりました。このラストだけでもう、「パリ、ジュテーム」は忘れられない作品となったのでした。監督は「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン。
他にも、コーエン兄弟のには大好きなブシェミが出ていて傑作だし、ジーナ・ローランズとベン・ギャザラの大人カップルの格好良さにはしびれるし、マイム芸人のカップルはチャーミングで、ヴァンパイアは怖い・・などなど印象的なエピソードがたくさん。
ガス・ヴァン・サント、グリンダ・チャーダ(ベッカムに恋して)、シルヴァン・ショメ(ベルヴィル・ランデブー)、諏訪敦彦、ヴィンチェンゾ・ナタリ(CUBE)、トム・ティクヴァ、イサベル・コイシェ(死ぬまでにしたい10のこと)、クリストファー・ドイルなどなどなど、監督も豪華ですよね〜。観て良かったです、本当に。
最近は、他に「世界最速のインディアン」「ドリームガールズ」「ディパーテッド」「ホリデイ」など観ました。「ホリデイ」は、ジャック・ブラックが出てくるだけでにっこりしてしまいました。出てくる家も素敵だし、気軽に楽しめておもしろかったです。「世界最速〜」でのアンソニー・ホプキンス、格好良かった!

« March 2007 | Main | May 2007 »