« 「長江哀歌」 | Main | アートフェア東京2008 »

March 29, 2008

「人のセックスを笑うな」

Dsc_0056_2

シネセゾンにて「人のセックスを笑うな」を観る。切ないキューンとする映画です。透明感があって、とっても良かった。冬から春に向かう季節、校舎の屋上から見える空のようなちょっとモヤっているけど明るい感じ。
地方都市の美術系学校でリトグラフを教えることになったユリは、天真爛漫のようでいて、やっぱり大人だからいろいろあっても表には出さない。それに比べて、みるめ(不思議な名前ですね)は、そのまんまなんですよね。押さえきれずいっぱいいっぱいで、えんちゃんの気持ちにも気がつかず・・・う〜ん、良かったなあ。井口奈己監督のインタビューで「39歳のユリを男性として、19歳のみるめを女性として撮ってみれば」というアドバイスを意識し、ユリをかっこよく、みるめをかわいく撮ったつもり、とありましたが、その通りでした。
役者もみんな素晴らしいです。ユリの永作博美(脚がとても美しかった)、みるめの松山ケンイチ(言うことありません。良い!)、えんちゃんの蒼井優、えんちゃんに片思い中の堂本(忍成修吾)、ユリの夫の猪熊さん(あがた森魚)。音楽も美術も衣装も、とてもきちんと丁寧につくられていて素敵でした。

« 「長江哀歌」 | Main | アートフェア東京2008 »

映画」カテゴリの記事

Comments

これ、まだ上映中なんですね。
観たい、観たいと、思いつつ、観に行けてない映画です。
松山ケンイチくんと言えば、実は今デスノートをレンタル中です。
(これまた、まだ観てないけど)

写真、美しいーっ!
一輪挿しは、自作ですか?

tohkoさん
ヒトセク(って言うらしい)良かったです〜
原作も好きだったけど、映像になるとまた良くて。
サントラも買っちゃいました。

写真のビンシリーズ、自作です〜
最近作ったのよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「長江哀歌」 | Main | アートフェア東京2008 »