« あっという間に | Main | 2008年映画 »

December 25, 2008

クリスマス

Dscf0248

クリスマスですね!

子供の頃からサンタクロースの存在を信じていなかった私。(というより信じさせてもらえなかった。クリスマスは親からプレゼントをもらえる日ということになっていたのです。サンタではなく)それでも起きて枕元にプレゼントがあると嬉しかったものです。

形あるもの、ないもの、相手のことを思って、
いろいろな贈り物を交換できるのは嬉しいですね。
凍えている人が少しでも暖かく過ごせる一日でありますように。
よいクリスマスを。

写真は昨年末に訪れたサンフランシスコです。

Dscf0268_2

« あっという間に | Main | 2008年映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

写真、キレイですね〜。

私もサンタさんを信じていたという記憶が無いです・・・
枕元でさえなかったような・・・
「これ欲しいな」って言うと、「クリスマスにね」って。
しかも、一緒に買い物に行くという、なんて現実主義の親!
夢が無いですよね〜coldsweats02

そうそう、うちもデパート派でした!
(あれ?違うかな?親が選んだものをもらっていたような気もします)

クリスマスの朝までは渡してもらえなくて、
一応枕元に置いてもらう、というシステムになっていました。

サンタさん来るかな?なんていう話題のときには
どうしていたのだろうか…全然記憶がありません。

この時期の街や、クリスマスキャロル、教会なんかは
とても好きなんですけどね。

懐かしい写真ですね〜。
1年経つのがあっという間で驚かされます。

うちは一応サンタということになってましたが、
プレゼントが、羽子板(人形のついたやつ)とか
そういう渋いものが多かったので、
自然と親だという事が分かってしまいました……。

最近どんどんこの手のイベントの
浮かれた雰囲気が苦手になって来てます。
う〜ん……歳??

げ さん

羽子板をくれるサンタさん…し、渋い…
(かなりウケました)

私は浮かれた雰囲気、全然苦手じゃないのですが、
浮かれたいのに、いまひとつ乗り切れず…
これは歳でしょうかねえ。


Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/43521826

Listed below are links to weblogs that reference クリスマス:

« あっという間に | Main | 2008年映画 »