« 「チェンジリング」「ロルナの祈り」 | Main | ESPRIT〜エスプリ〜Les Ballets de Roland Petit 〜ローラン・プティの世界〜 »

March 19, 2009

「ダウト〜あるカトリック学校で〜」

ル・シネマにて「ダウト〜あるカトリック学校で〜」を観る。火曜日はサービスデイで1,000円なのです。
1964年のアメリカ、とあるカトリックスクールを舞台にした物語。厳格な校長シスター・アロイシス(メリル・ストリープ)が進歩的なフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)に抱いた疑惑をきっかけに、二人の間に高まっていく緊張感がものすごかった。人を一面的にとらえていないのが良い。それぞれが抱える事情があり、感情があり…観ている方も、一体何が正しいのか、事実とは何なのかがわからなくなってくる。信念を貫き通したシスター・アロイシスの、ラストシーンでの涙には多くを考えさせられた。「疑惑」、か…

それにしても役者は誰もが素晴らしかった〜メリル・ストリープの口の動かし方なんて!それから監督・脚本・原案のジョン・パトリック・シャンリーは、私の大好きな「月の輝く夜に」の脚本を書いた人でした。

正直に告白すると最初の方でちょっと記憶を失いました(サンドイッチを食べて満腹だったから?疲れ?)。ほんの少しだとは思うものの気になる…(後日レンタルで確認するか)

« 「チェンジリング」「ロルナの祈り」 | Main | ESPRIT〜エスプリ〜Les Ballets de Roland Petit 〜ローラン・プティの世界〜 »

映画」カテゴリの記事

Comments

私も先月観ました!しかも同じ火曜日に。こちらも火曜日は映画の日と称して料金が安い映画館があるんです。

あのふたりの緊張感は手に汗にぎるという言葉が合うくらいでしたね。私はエイミー・アダムスが好きなので、これは絶対に観ようと決めたのです。すごく一途な感じがするところが気に入っています。

私は映画館に到着するのが遅れたので、最初のおそらく数分見てないんです・・。ケチなので数年後にテレビ放送されるのを待つかもしれません。

rbさん

エイミー・アダムスもとっても良かったですね!一途でピュアな感じがとても似合っていたと思います。それがシスター・ジェイムズの強さですね。
対して、シスター・アロイシスは宗教家であるのに猜疑心を持つのをやめられない…苦しいですね。信仰深い生活をしている訳ではない私でさえ、不信や疑惑には取り付かれたくないと心から思います。そう思っていても時には取り込まれてしまうかもしれない…う〜ん、怖いです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/44394733

Listed below are links to weblogs that reference 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」:

« 「チェンジリング」「ロルナの祈り」 | Main | ESPRIT〜エスプリ〜Les Ballets de Roland Petit 〜ローラン・プティの世界〜 »