« 2月はどこへ | Main | 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」 »

March 10, 2009

「チェンジリング」「ロルナの祈り」

Dscf0038


バウスシアターで「チェンジリング」。上映開始時間ギリギリで職場から駆け込んだのに、観客が10人くらいしかいなくて拍子抜けしました…
映画は…一瞬たりとも目が離せず、ただただ圧倒された。近頃のイーストウッド作品を観るといつもそうだけど。本当にあった物語だという驚きや、憤り、恐れ、安堵、喜び、等々の単純な言葉だけでは表せない感情が押し寄せてきて涙が滲んだ。しかも面白いのだから凄い。アンジェリーナ・ジョリーは素晴らしかったです。本当に。

先週は恵比寿にてダルデンヌ兄弟の「ロルナの祈り」。
ロルナのとった行動には驚いたが…国籍を取るためだけの偽装結婚の相手(しかもジャンキー)を愛せるだろうか。頭ではノーだ(ロルナだってそうだったと思う)。だけど、頭で考えることと違う行動をしてしまうことだってある。彼女はクローディーに、人間対人間として、どうしようもなく関わってしまったのだろう。二人でお金を出し合って自転車を買った朝、彼を見送るロルナの笑顔がとてもとても印象的だった。これから先、どうなるのだろう…どうか幸せが待っていて欲しいと強く思った。
ロルナを演じたアルタ・ドブロシは、演技を感じさせないリアリティのある肉体の存在感が素晴らしかった。

この2本、音楽もとても良かったです。

148525_lorna_ga05_2

« 2月はどこへ | Main | 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」 »

映画」カテゴリの記事

Comments

チェンジリング、私も観たいと思っています。
アンジェリーナ・ジョリーってステキですよね。演技も生き方も。

トップ画像、キレイな景色ですね。何処??

トウコさん
これはベルギー、ブルージュのペギン会修道院なんですよ(オードリー・ヘップバーンの映画「尼僧物語」の舞台になった)。世界遺産だそうです。
しかし、この写真を撮ったのは私ではないの。春らしいし、ベルギーだし(ロルナの祈りはベルギーが舞台)ってことで使ってみました。きれいですよね〜。行ってみたいです。(ちなみにこの写真を撮ったのはKです)

Kさんの写真の腕もなかなかですね!素晴らしい。

ブルージュは、10年程前に旅をして、
街中が美しくかわいらしく、絵画のようで、感動した覚えがあります。
でも、この教会の存在は知らず、足を運びませんでした。ザンネン。

トウコさん

お褒めいただいてありがとう!
Kに代わってお礼申し上げます〜
ちなみにこのブログで使っている写真は、Kが撮ったのがたくさんあるんですよ。写真部だったようで。

ブルージュいらしたのね〜いいなあ。素敵なところなんでしょうね!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/44309443

Listed below are links to weblogs that reference 「チェンジリング」「ロルナの祈り」:

« 2月はどこへ | Main | 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」 »