« 個展を終えて | Main | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

November 19, 2009

皇室の名宝展(1期)

Meihou_2

先月末、上野の東博に「皇室の名宝展」(1期)を観に行きました。
今回のお目当ては、なんといっても伊藤若冲の「動植綵絵」(どうしょくさいえ)。全30幅が勢揃いしたのは東京では83年ぶりだとのこと。見たいみたいと思いながら、なかなか果たせなかった若沖との初対面でしたが、評判に違わず本当に本当に素晴らしいものでした!!いや〜びっくり。迫力に圧倒されてしまうのだけど、細部もじっくり見たいのでぐ〜っと近づいて(単眼鏡や双眼鏡で見ている方もいました)…。対象に愛情を注いで細部まで気を抜かずに描ききっているのが良くわかります。離れてみると一分の隙もない構図の素晴らしさにただただ脱帽。
どれか選べと言われても難しいのですが、個人的に「諸魚図」の小タコに心を掴まれました(大ダコの足にしがみついているのが愛らしい)。

Tako


それから、お得意の鶏ももちろんスゴい(クリックするとアップになります)。

Tori

いいもの見せていただきました。

他にも、狩野永徳「唐獅子図屏風」、酒井抱一「花鳥十二ヶ月図」、岩佐又兵衛「小栗判官絵巻」など正に名宝揃いでした。「小栗判官絵巻」はじっくり見るととても面白い!色がとてもきれいだし、何より次は次は…と先を読みたくなる感じが今の漫画に繋がっているように感じました。

2期はもう始まっていまして(11月29日(日)まで)、正倉院宝物や法隆寺献納宝物、絵巻などが展示されています。教科書に載っていた「聖徳太子像」、「蒙古襲来絵詞」も見られるようですよ。会期が短いので早く行かなくては。

« 個展を終えて | Main | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/46746368

Listed below are links to weblogs that reference 皇室の名宝展(1期):

« 個展を終えて | Main | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »