« 押し迫って | Main | 2009年映画 »

December 31, 2009

2009バレエ鑑賞記

Rose

今年もいくつかバレエ公演を観に行きました。
その都度、感想を書いておけば良いのですがなかなか追いつかず。こんな年末に、一応自分へのメモとして記録しておきます。

*レニングラードバレエ「白鳥の湖」 @東京国際フォーラムホールA

*草刈民代プロデュース「ESPRI」 @グリーンホール相模大野

*Kバレエカンパニー「ジゼル」 @Bunkamura オーチャードホール

*デンマーク・ロイヤル・バレエ団「ロミオとジュリエット」 @東京文化会館

*第12回世界バレエフェスティバル Aプロ @東京文化会館

*Kバレエカンパニー「ロミオとジュリエット」 @東京文化会館

今年は「ロミオとジュリエット」を2回観たんですね。デンマーク・ロイヤル・バレエの方はノイマイヤー振付で、Kバレエは熊川哲也。どちらも期待していったのですが、ノイマイヤーの方は登場人物がごちゃっとしていてちょっとわかりにくかったかな。でもジュリエットが初々しくて可愛らしかったです。逆に熊川版はわかりやすいのですけど、何となく説明的なような気も…難しいですね、振り付けって。有名なプロコフィエフの曲に合わせた群舞のシーンなんかは迫力があって素敵でした。
それにしても、熊川哲也の場合、観客はどうしても彼の踊り(高い跳躍や切れのある回転など)を見たくなるのだけど、演目によってはマッチしないこともあって(死にそうなのに跳躍は高い、とか)本当に難しいと思います。なんといっても看板だし、期待に応えたいでしょうしね…

バレエ漫画「舞姫 テレプシコーラ」(山岸凉子作)、現在第2部連載中。かなり過酷で辛いエピソードの多い1部(でも感動しました)と比べ、第2部はローザンヌコンクールについても詳しく、楽しく読んでいます。実在の人物がモデルになっていて(ノイマイヤーや、モニク・ルディエールなど)、そんなところもおもしろいですよ。
モニク・ルディエールといえば、1985年の第4回世界バレエフェスティバルで、パトリック・デュポンと演じた「アド・ギャグ」がコミカルでとっても面白かったです。この公演はNHKで放映されて、ドミニク・カルフーニ とデニス・ガニオの「失われた時を求めて」とか、ジョルジュ・ドンの「ボレロ」とか、他にも豪華な出演陣ですごく良かったんですよ。(曖昧な記憶だったのですが、ゆうさんのブログで記録を発見しました。ありがとうございます)

来年の初バレエはルジマートフの「バヤデルカ」です。楽しみ〜

« 押し迫って | Main | 2009年映画 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/47159033

Listed below are links to weblogs that reference 2009バレエ鑑賞記:

« 押し迫って | Main | 2009年映画 »