« 春とはいえ | Main | 東京バレエ団「オネーギン」 »

April 21, 2010

「オーケストラ」ほか

Flower

渋谷のル・シネマにて「オーケストラ」(2009年フランス)を観ました。とっても良かったです!

かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者で現在はさえない清掃員のアンドレが、かつての仲間達を寄せ集めて正式なオーケストラになりすまし、パリでの演奏会に出演しようと奮闘する物語。…と聞いていたのですが、意外とあっさりパリに行くことになっちゃうし、かつての仲間達(オーケストラを追放された)も今では音楽への情熱を失っていて日々の暮らしで精一杯だし、気持ちもバラバラで、なんだか今ひとつ乗り切れない、と思って観ていました。

が、ラスト数十分でぐわーっと押し寄せるものがありました。アンヌ=マリーのバイオリンソロを聴いたとたん、団員達の気持ちが一つになった素晴らしい演奏。何故、彼女でなければいけないのか、ということがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をバックにバーッと描かれ、涙、涙…。歴史の苦さ(ソ連時代多くの芸術家が排斥された)を背景にしつつ、音楽の力、人の想いを描いた作品でした。
「イングロリアスバスターズ」でショシャナを演じたメラニー・ロランの意志ある美しさが際立っていました。素晴らしい。監督のラデュ・ミヘイレアニュは、ユダヤ系でチャウセスク政権下のルーマニアから亡命した人だそう。

それにしても、チャイコフスキ−大好き!あのロマンチックな感じはロシアならではなのかしら。

ちょっと前に「マイレージ、マイライフ」も観ました。おもしろかったです。ラストがほろ苦い感じなのですが…、ジョージ・クルーニー演じるライアンのその後が気になります。
ライアンと同じく出張族のアレックスが、大学出たての才媛ナタリーに「若いから妥協を負けだと思っているのね(妥協は負けじゃないのよ)」っていうの、わかるー!と思いました。歳を取るって悪くない。ナタリーの潔癖さはまぶしいけれど、余裕と色気でアレックスに軍配(なんだけど…でも…)。
あと、どうでもいいのですが、ライアンとアレックスがカード自慢するシーンがツボでした。(「アメリカンサイコ」の爆笑シーン、名刺対決を思い出して。あれは、時代というか世代限定の笑いかな。)

« 春とはいえ | Main | 東京バレエ団「オネーギン」 »

映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/48146595

Listed below are links to weblogs that reference 「オーケストラ」ほか:

« 春とはいえ | Main | 東京バレエ団「オネーギン」 »