« 「トゥルー・グリット」 | Main | 個展「採集」 »

September 13, 2011

ピーター・アイビー個展

Peterivy_2


今日の夜、青山のギャルリーワッツピーター・アイビー glass work 展を見に行きました。
ピーターさんの作品は前からみたいと思っていたのですが、実際の作品を目にするのは初めて。古いマンションの一室でそっと出迎えてくれました。
とても薄く、軽い器たち。大きなボウルでも手に取るとハッとするほど重さを感じない。それほど端正なのに、なんとも言えない暖かさを感じるガラスです。

今回のDMに使われているのは、絵なのかと思ったら「CYANOTYPE(青写真)」とのこと。透明なので気づきにくい影の美しさを写し取ろうと、ガラスを通過した影を印画紙に焼き付けたそう。入口正面にあった青写真、割れたグラスのオブジェ(破片を針金で繋いでいる?)を写したものでしたが、認識していること、様々な場所で過ごして来た過去、そんなカケラがひとつひとつのパーツで、自分では認識していないこと、覚えていないこと、そんなことが隙間の部分、というお話がとても印象的でした。
表現と作品がしっくり調和していて、とても好きな感じ。ご本人も素敵な方でした。

ギャラリーに向かう途中で偶然工房仲間のTさんと出会って一緒に訪れたので、一人で行くよりいろいろとお話が聞けた気がします。そういえば前にも他の展覧会でバッタリ会った。ご縁ですね。


« 「トゥルー・グリット」 | Main | 個展「採集」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36030/52724415

Listed below are links to weblogs that reference ピーター・アイビー個展:

« 「トゥルー・グリット」 | Main | 個展「採集」 »