« 暑中お見舞い | Main | 雑誌「Richer2012年11月号」 »

September 17, 2012

モランディ美術館など、ボローニャにて

Photo

9月も半ばだというのに、暑い日が続きますね。。

ニース風サラダを作ってみました。
レタス、インゲン、トマト、じゃがいも、ゆで卵、ブラックオリーブ、アンチョビ…そして、とっておきのツナ。

(旅行について、書こう書こうと思っているうちに気付けば3ヶ月が経っていました)
イタリア旅行前に読んだ本に、「イタリアはツナ缶が美味しい、しかもトロ(ヴェントレスカ)は大変おすすめである」とあったので、ボローニャの食材店で勇んで購入したもの。一瓶16ユーロほどもしたのでかなりの贅沢品ですが、さすがとろけるよう&しっかりと魚の味がして美味しかったー

このトロ瓶の他、ジュノベーゼソース、トリュフペーストなどを買ったのはマッジョーレ広場近くの店GILBERTO del 1905。この辺りは電車の時間があったのでゆっくり見られなかったのが本当に残念な程、雑貨屋、食材店などの密集した楽しそうなエリアでした。また絶対に行きたい。

さて、そもそも何故ボローニャへ行ったのかというと、目的はただひとつ。モランディ美術館に行きたかったから。
ジョルジョ・モランディ(Giorgio Morandi, 1890年7月20日 - 1964年6月18日)は20世紀前半に活動したイタリアの画家。1989年に神奈川県立近代美術館で開催された個展のカタログを友人から貰って以来、心引かれる画家の一人です。須賀敦子全集の表紙にも絵が使われていますね。rbさんのブログでこの美術館の存在を知ってからというもの、待ち望んでいた日がついに来るとは感慨深いものがありました。

滞在中のフィレンツェからボローニャへは電車で1時間程。
美術館はボローニャの中心、マッジョーレ広場に面した市庁舎の中にありました。(以前は無料だったようですが今は入場料金が6ユーロかかります)
中は思いのほか広く、小さく分かれた部屋がいくつもありました。私がとても好きな瓶シリーズもたくさんあり、人も少なく静かな中、何度も行ったり来たりしてゆっくり見ることができました。同じ形の瓶や箱を、様々に配置を変えて繰り返し描いているのがわかります。ローマのバロック、フィレンツェのルネサンスに、感動しつつ圧倒されていた私にとって、落ち着いた色彩、静謐さをたたえた画面がとても心地よく、至福の時を過ごしました。
ご年配のスタッフ(ボランティア?)や、訪問者たち、それぞれ皆が彼の作品を愛しているのだな、ということが感じられる素敵な美術館でした。

Photo

その後、旧市街にある彼が住んでいた家(Casa morandi)を見に。
古い通りに面したがっしりした木の扉。そこを抜けると中庭があり(エレベータもついていた。今も人々が住んでいる建物なのでいろいろと改装して住みやすくしているんですね)、階段を上って彼のアパートへ。事前にメールで連絡しておいたので、呼び鈴を押すとドアを開けてくれました。
ガラスで仕切られたスペースに本などが並べられ、ビデオ映像を流していたり、音声テープが流れていたりと、今っぽい空間で…ちょっと想像と違っていました。(本当に住んでいるときのまま保存されているのかと思っていたのです)一角のアトリエスペースはおそらくそのままで、イーゼルや絵に描かれた瓶、器が並び興味深かったのですが…。でも説明がちゃんとされていて良い展示でしたよ。あくまで私が期待していたものとは違っただけです。
夏の間避暑地として過ごしていた小さな町、Grizzana Morandiには彼が夏の間暮らしていた家が当時のままに残っているそうです。いつか行ってみたいものです。

その後、La Sorbetteria Castiglioneでジェラートを食べ(美味!)、食材など買い込み、カフェでビールを飲みつつ広場を眺めたりして、ボローニャの短い滞在を楽しんだのでした。美しく程よく都会で居心地の良い街でした。今度はゆっくり訪れたいな。


« 暑中お見舞い | Main | 雑誌「Richer2012年11月号」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モランディ美術館など、ボローニャにて:

« 暑中お見舞い | Main | 雑誌「Richer2012年11月号」 »