« 2012年映画 | Main | ガラス三人展@グラスホッパーギャラリー »

April 15, 2013

ドイツ 活字組版工房「フリーゲンコプフ」展

20130415_233718

竹尾 見本帖本店にて開催された、クリスタ・シュヴァルツトラウバー氏のトークショーに行ってきました。

ミュンヘンの活字組版工房「フリーゲンコプフ」。この工房を主宰し、クリエイターとして自身の作品を発表しているクリスタさんは、暖かいお人柄を感じさせるチャーミングな女性でした。
活版で印刷された絵本の美しいこと!ポスターの格好いいこと!
私自身は印刷関係者でも何でもないのですが、活字で印刷されたものの美しさに痺れます(ちなみに版画も大好きです)。

グーテンベルグゆかりのドイツでも、今は活版印刷で製品を大量に作ることは殆どないようです。クリスタさんは活字を愛してやまず(古い木活字や、ドイツ鉄道で使われていた切符や時刻表用のオリジナル活字などのコレクション写真も紹介されました)、小ロットで制作していくアトリエスタイルを選択したとのこと。自分がどのようなスタイルで活動していくかを考えるのは、印刷業に限らず必要なことだと思います。

版画家と共作した限定出版本の紹介や、活版は強い圧をかけて凹ませるのが良いという傾向はいかがなものか(活字が痛んじゃうしね)というお話など、興味深い内容のトークショーでした。

今回のイベントを主催されたルフトカッツェデザインの平川さんは、作品集にひかれ7年前のミュンヘン滞在中に、勇気を出してフリーゲンコプフの工房を訪ねたそうです。その出会いがこの日に繋がっているのですね。私が平川さんと知り合ったのは、地震後の荻窪のカフェでした。本当にご縁って不思議です。

素晴らしい作品に触れ、目と心の保養になりました。眼福。

« 2012年映画 | Main | ガラス三人展@グラスホッパーギャラリー »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ 活字組版工房「フリーゲンコプフ」展:

« 2012年映画 | Main | ガラス三人展@グラスホッパーギャラリー »