ホームページを作りました

新たにドメインを取得し、ホームページを開設しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

http://kyokoiwasaki.jimdo.com/

| | コメント (0)

CRAFTS JEWELRY

Dm2_2


ギャラリードゥポワソンと手仕事のギャラリー&マーケット "iichi"の共催によるジュエリー展に出展いたします。
ジュエリーのみの展示会への参加は初めてですし、ドゥポワソンはコンテンポラリージュエリーを扱う憧れのギャラリーでもあるので、プレッシャーを感じつつもワクワクしています。年末の賑わい溢れる浅草へぜひ遊びにきてください。
会場となるライオンビルディングは、昭和34年築のレトロな建物だそうで、そんな空間で展示するのも楽しみです。

CRAFTS JEWERLY
12月21日(土)〜23日(祝)
12時〜18時
浅草ライオンビルディング
東京都台東区雷門2−11−20


| | コメント (0)

個展「Omaggio a Giorgio Morandi」終了しました

20131028_1505182_2

2年ぶりの個展、無事に終了しました。
お陰様で今までと比べても好評で、私にとっても大切な経験となりました。

これまでも個展の際には自分なりのテーマを設定していたのですが、それが抽象的過ぎたり自分の技量が足りなかったり、今ひとつ伝えきれていない…と、もどかしく思っていました。テーマはあるのに、そこに集中できず自信もないことから、つい色々な物を並べてしまったり。。

今回は、難しいことを考えずモランディの世界へ近づきたい気持ちで、素直に制作できたことが良かったです。実用性などは考えず、ただ色と形に向き合うことができたのは、私自身とても楽しいことでした。自己満足か、、とも考えたのですが、そもそも個展ってそういうものかもしれないですよね。

奥野ビルのギャラリーは、ふらっと入ってきてくださる方が多く、「わるくない。おもしろかったです」と言ってくださった方が美術評論家だったり、毎回観てくださっていた方が初めて、今回が一番いいですね、と言葉をかけてくださったり、心に刻みつけておきたいような感想をたくさんいただきました。
ガラス歴は長いものの技術的には全く未熟で、自分の進むべき道を模索しながらの制作活動なのですが、これでいいんだ、と背中を押してもらったようで勇気づけられました。続けてきて本当に良かった。

お世話になった皆さますべてに深く感謝いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

個展 Omaggio a Giorgio Morandi

Morandi2013

2年ぶりに、いつものギャラリーで個展を開催いたします。

**********

岩崎恭子ガラス展 Omaggio a Giorgio Morandi
〜モランディへのオマージュ

10月27日(日)〜 11月2日(土)
12:00 〜 19:00 ※最終日は17時まで

Gallery 銀座一丁目にて
中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F

**********

イタリアのボローニャで生涯を過ごした画家モランディ
私が初めてその存在を知ったのは、20年近く前に友人からもらった本がきっかけ。それは1989年に日本で初めて彼が本格的に紹介された個展のカタログでした。
同じような壜や水差しが落ち着いた色調で繰り返し描かれた作品は、正直に言って、当時のまだ若かった私には地味に思え、それほど興味を引かれませんでした。
しかし、なぜかそのカタログを時々取り出して眺めているうちに、いつの間にか静かで穏やかな色合い、具象でありながら抽象性を感じさせる画面に深い共感を覚えるようになっていたのでした。同じ壜を描きつつも作品ごとに配置を替え、ひとつとして同じ絵はないのですね。彼は小さなアトリエの中で一人、様々な試みをしていたのでしょう。

今回の展示では、彼へのオマージュとして様々な壜や水差しを制作しました。それらを訪れてくださった方に好きなように配置していただき、モランディの世界を楽しんでいただく試みも計画しています。1989年の展覧会カタログや、写真家Luigi Ghirriがモランディのアトリエを撮影した写真集などもご用意してお待ちしております。

実は日本で久しぶりとなる大規模な巡回展(神奈川県立近代美術館や豊田市美術館ほか)が2011年に予定されていたのですが、震災の影響で中止となってしまいました。それで、こちらから訪ねることにして、昨年ボローニャまで行ってきました。彼のアトリエ(住居)も訪ねたのでそんなお話もできたらいいな、と思っております。

秋も深まり気持ちのよい頃ですので、お散歩&お買い物がてらぜひ遊びにいらしてください。
いつもの、古いビルにあるギャラリーです。なお、お花やお菓子などの差し入れはご遠慮させていただきますので、どうぞお気遣いいただきませんように。


Dm_solo_2013_moji_3
クリックすると大きくなります

| | コメント (0)

「緑陰のバールにようこそ!2013」

Img_3354

今年の夏はいろいろありまして。

4日から始まっているのですが(告知遅れました!)、
石神井にある生活雑貨のお店、copse( コプス)での企画展に参加しております。(基本的に在廊はしていません)
硝子企画舎としてご夫妻でご活躍の井上剛さんと井上枝利奈さんや、星耕硝子の伊藤嘉輝さんの作品とご一緒できて嬉しいです。
他にも、夏のくらしを彩るものたくさん。


「緑陰のバールにようこそ!2013」

7月4日(木曜)〜28日(日曜)
*月曜〜水曜は休み
*木曜〜日曜の11時半〜17時半
(土曜のみ21時半まで営業。席数が少ないため夜はご予約した方がいいようです)
*連日ランチもご用意。

住宅街の中のかわいいお店です。
私も平日にランチビールをいただきに行くつもり。
お近くの方、おついでのある方、ぜひのぞいてみてくださいね。

Img_3393

| | コメント (0)

ガラス三人展@グラスホッパーギャラリー

Dm_4


6月19日(水)より、東横線学芸大学駅より徒歩12分のグラスホッパーギャラリーにて、ガラス三人展を開催いたします。こちらのギャラリーには何度も伺っておりますが、展示は初めてです。

ガラスという素材は共通ですが、扱う技法は三者三様。蒸し暑い季節ですが、ぜひガラスの様々な表情を見にいらしてください。

 主に…岩崎:吹きガラス&カット
    櫻庭:フュージング
    波多野:パート・ド・ヴェール

器やランプ、アクセサリーなどが並ぶ予定です。現在、鋭意制作中!

■ 2013年6月19日(水)〜25日(火)
 11:00〜19:00 ※ 最終日は17:00まで

■ グラスホッパーギャラリーにて
東京都目黒区中央町2-6-1 ノア学芸大1F
TEL & FAX : 03-5724-7098
http://www009.upp.so-net.ne.jp/grass-hopper/

どうぞよろしくお願いいたします。

 ※岩崎は、20日(木)、24日(月)、25日(火)以外は、連日13時以降在廊予定です。

Dm_5


クリックすると拡大します

| | コメント (0)

ドイツ 活字組版工房「フリーゲンコプフ」展

20130415_233718

竹尾 見本帖本店にて開催された、クリスタ・シュヴァルツトラウバー氏のトークショーに行ってきました。

ミュンヘンの活字組版工房「フリーゲンコプフ」。この工房を主宰し、クリエイターとして自身の作品を発表しているクリスタさんは、暖かいお人柄を感じさせるチャーミングな女性でした。
活版で印刷された絵本の美しいこと!ポスターの格好いいこと!

グーテンベルグゆかりのドイツでも、今は活版印刷で製品を大量に作ることは殆どないようです。クリスタさんは活字を愛してやまず(古い木活字や、ドイツ鉄道で使われていた切符や時刻表用の活字などの写真も紹介されました)、小ロットで制作していくアトリエスタイルを選択したとのこと。自分がどのようなスタイルで活動していくかを考えるのは、印刷業に限らず必要なことだと思います。

今回のイベントを主催されたルフトカッツェデザインの平川さんは、作品集にひかれ7年前のミュンヘン滞在中に、勇気を出してフリーゲンコプフの工房を訪ねたそうです。その出会いがこの日に繋がっているのですね。

素晴らしい作品に触れ、目と心の保養になりました。眼福。

| | コメント (0)

春を待つ食卓展 終了しました

R0012129

神楽坂のギャラリー、えすぱすミラボオでの展示、無事に終了しました。
あまりご案内しなかったにもかかわらず、思いのほかたくさんの方にいらしていただきました。深く感謝申し上げます。

多少の緊張感を持って参加した私ですが、ギャラリースタッフの方々、今回ご一緒した、陶・磁器・木・布の作り手さんたち、みなさん優しく親切で、楽しい10日間を過ごすことができました。
なにより、食べること&作ることが好きな人が欲しい器というものについて学ぶことが多かったです。他にもいろいろと勉強になりました。

次回の展示は、6月に学芸大学のグラスホッパーギャラリーで三人展です。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

「春を待つ食卓」展

Dm2013haruwomnatsu


展示のお知らせ

2月8日(金)より、神楽坂のギャラリー、えすぱすミラボオにて「春を待つ食卓」展に参加いたします。

陶や漆、テキスタイルなどテーブルを彩るもの達を始め、おひな様も展示されます。(←個人的に楽しみ)
私は透明なもの中心で、グラスやお皿、お箸置きなどを出す予定です。

お散歩がてらお立ち寄りいただければ嬉しいです。場所は、東京メトロ東西線の神楽坂駅出口1より徒歩1分。
どうぞよろしくお願いいたします。

「春を待つ食卓」
2013.2.8(金)〜17(日)
11:30〜19:00 最終日17:00まで
初日17時よりオープニングパーティー


Photo_2


| | コメント (0)

今年もよろしくお願いいたします

20131111_2

2013年が始まりました。

のんびり過ごしているうちに三が日が過ぎてしまいました。

昨年はこれまでに増して多くのご縁に恵まれ充実した時を過ごすことができました。
奈良で展示する機会をいただいたり、いつもの仲間とのグループ展があったり、今後に繋がる出会いがあったりと充実したものでありましたが、思うところあって秋の個展はしませんでした。
7月の終わりに突然右肘を痛め、一時はコップさえ持てなかったので止めておいて良かった。この痛み、大分良くなりましたが、高いところの物を取ろうとする時などまだズキっときます。原因は良く分からず…疲労の蓄積か、もしや老化か。使わない方がいいのか、むしろ動かした方がいいのか悩みますが、なるべく無理せず、付き合っていくしかないなと思っています。

今年は、まず2月に神楽坂のえすぱすミラボオにて、グループ展「春を待つ食卓」があります。6月には学芸大学で3人展。
制作もブログ更新もがんばります!

2013年がみなさまにとって、健やかで穏やかなものとなりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

«雑誌「Richer2012年11月号」